負ける危険性

FX取引をはじめたばかりの方が為替相場の肝心なところを押さえるには初めに取引を重ねる事が必要です。

 

事前にピンチを感づくようになるようになるには、失敗を重ねる事も経験のひとつ。

 

もちろん、負けたといっても、やり直しが効かないほど重大な損をする事は話になりません。

 

取り戻せるぐらいの負けを数回重ねる事が、結果的に自らのレベルを上げてくれるはずです。

 

そう考えるとまずは少ない額でトレードを行ないそれで何度かちょっとした損をすることが必要です。

 

ひとつの例として、100万円だけしか投資できない場面で、はじめに全て投入してトレードすると失敗した時その後再起できなくなってしまう恐れがある。

 

それよりは、ひとつの例として資金の10分の1ずつ分割して売買してそこで取引を積み重ねた方が、じょじょに損をカバーする手段なども身についていくはずです。

 

最初は少ない額で取引する事の良いところは既出の通り、己の体験を増やしマイナスを管理する方法を学んでいく事にありますが一緒に、エントリーの回数を積み重ねて不確実性を減らす事ができるというメリットもある。

 

想定として、1度だけのエントリーで儲けられる可能性が二分の一だと考えます。

 

この場合、同じだけ負ける危険性もあるということになる。

 

勝率50%ということは半分半分の比率で勝利できる事を意味しています。

 

だがしかし、全ての投資資金を注ぎ込んで仕掛けをするということは明確な勝ちか、負けのいずれかになってしまう。

 

このままでは1回だけのギャンブルと同じです。

 

要するに、全財産を賭けて1度しか売買しないとこの分だけ大損する率が高まってしまいます。

 

これを避けるために、資金を全て投入するのではなく、何度かに分けて投資回数を増やす事がリスク分散となる。

 

また数回に分けたとしても全部に儲ける必要はありません。

 

はっきり言うと、勝つことが出来ないのが実情です。

 

重要なのは、勝つ回数ではなく、どのくらい儲けるかです。

 

勝率5割でも、仮に3割でも儲かる時は儲かります。

 

それ以上負けてもその収益が少額ならば、3割の勝利の儲けだけで上手に稼げます。

 

そのために必要な事は、損失を少なく、利益を大きくを心がけることだ。

 

損失が生じたらすぐに損切り注文して逆にプラスになる場合は出来るだけ大きくプラスにする事が、外国為替証拠金取引初めての方がFX投資で成功する極意です。