消極的な方法

よくある経験の浅い方向けの外為取引の書籍では、「損失が生じた場面ではナンピンをすることでポジションのコストを小さくする事が出来る」などと助言されているが正直に言うとそれは相当大きなリスクが待ち受けています。

 

最初に、ナンピン買いの理屈について易しく述べます。

 

たとえば、1ドル100円でドルを買ったとします。

 

$(ドル)買いなのでドル高に推移するほど儲けが出るわけだが運悪く95円まで円高・ドル安方向に向ったとします。

 

その場合ポジションを保持し続けたらマイナスをなくすためには損した分円安に進む必要があります。

 

赤字はなるべく早くリカバリしたいと願うだろう。

 

このため最初に売り買いしたのと同じだけの$(ドル)を95円で買い増しする。

 

そうすると、平均の買い付け単価は1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。

 

すなわち、2円50銭の幅で円安ドル高が進むと損失を失くすことが出来ます。

 

こういったことがナンピンのやり方です。

 

ナンピンのロジックを知ると、「ごもっとも」という気分になるが外国為替市場は容易には思った通りにはなりません。

 

もとより、95円が下限だとということなど誰も分かるはずがありません。

 

もしも、外国為替市場が相当のドル安トレンドだとすれば、1ドル=95円では収まることなく一段の円高に進む危険性は高くなります。

 

一例として、1ドル=97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず1ドル=95円まで円高になっとしたならば、ナンピンを入れたポジションも、赤字が生じます。

 

その状態では、一番初めに買ったドルと合計で、二重の損失が生まれます。

 

この例のように、ナンピンはややこしいです。

 

ならば、為替があなたのシナリオとは反対にどんどん行ってしまった場合、いかなるやり方で危険の確率をコントロールすればいいのでしょうか。

 

こういう場合には選べる道は2つあります。

 

まずひとつは観念してポジションを閉じる事です。

 

ふたつめは今現在、自分か所持している買いポジションを縮小することで、もう一回マーケットが戻るのを動かないで待つことだ。

 

だいぶ消極的な方法だとおっしゃる人もいるkもしれません。

 

だがしかし、自分の持っているポジションに損失が生じた時、効果のあるやり方はこれ以上のものはあるはずがありません。

 

勿論、考え方としては、ナンピンを入れるという対策もあると思います。

 

だがしかしナンピン買いは自分自身がマイナスになっているにもかかわらず、買いポジションを整理するどころか、それとは反対にポジションを積み増していく方法である。

 

この対策では、リスクを回避することなど、到底可能ではないと思ったほうかいいだろう。

 

ナンピン買いをしていけばいつの日にか儲けが出るかもしれません。

 

だが、そうなる先にお金が不足してしまいます。