ニュース

手続きの仕方

手続きの仕方

(公開: 2015年1月 9日 (金)

民事再生はマンション等のローンも含む重債務に苦しんでいる個人を対象に、住んでいるマンションを維持しつつも金銭管理においてやり直すための法的な機関による借金整理の手順として2000年11月に適用された手段です。

 

この制度には、破産申告みたいに免責不許可となる要件はないので賭け事などで借金をしたのであってもこの手続きは取れますし破産申請が理由で業務ができなくなる資格で仕事をされている場合などでも手続きが行えます。

 

破産手続きでは、住居を手元に残すことは考えられませんし特定調停と任意整理では、元金そのものは支払っていくことが必要ですのでマンション等のローンもある一方で返済をしていくことは簡単なことではないでしょう。

 

ですが、民事再生を選ぶことができれば、住宅ローンを除く借金については場合においてカットすることが可能なため余裕をもって住宅ローンなどを払い続けながらそのほかの借り入れ分を返済していくようにできるといえます。

 

でも、民事再生という方法は任意整理による手続きや特定調停等と違って一定の借り入れを除外扱いして処理を行うことはできませんし破産申請におけるように借金それ自体消滅するということでもありません。

 

くわえて、他の解決手順に比べてある程度簡単ではなく期間もかかりますので、住宅のローンを組んでおり住んでいるマンションを維持していきたい状況など以外の、破産申請のようなその他の選択肢がない場合における解決方法と考えた方がいいでしょう。


テスト

テスト

(公開: 2014年9月23日 (火)

テスト記事です。